B i o g r a p h y

Kimi Makino (Viola)

 

Kimi Makino started playing the violin at the age of 3, and started playing the viola at the age of 15.

 

She completed her studies in the SOAI high school of music, the SOAI university of Music as a special fellow student.

After graduating she earned a master of concert degree in 2011 at the Haute Ecole de Musique in Geneva where she was awarded the “Pierre Fernex” prize for an outstanding exam, and also earned a master of soloist degree in 2013 under supervision of  Nobuko Imai and Miguel Da Silva. According to her interest of contemporary music, she studied with Garth Knox at the Royal Northern College of Music. 

 

She won numerous prizes, among them the 3rd prize of the 2nd Tokyo International Viola Competition and the Kyoto Aoyama Music Award. She has performed as a soloist with Japan Century Symphony Orchestra, Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, Manchester Beethoven Orchestra, SOAI Orchestra and TOHO-Gakuen Orchestra.

 

She participated in various festivals including the Viola Spaces, the Verbier Festival Academy, the Takefu International Music Festival, the Festial Groba, Les Estivals de Megève, the Lucerne Festival Academy, ManiFest d'Ircam and les jardins musicaux.

 

She received the ROHM Music Foundation Scholarship from 2009 to 2012.

She is a member in BBC philharmonic (Manchester, UK) as Assistant Principal Viola from March 2017. 

 

 

 

 

牧野 葵美   まきの きみ

 

3歳からヴァイオリンを、15歳からヴィオラを始める。

 

相愛高等学校音楽科を経て、09年相愛大学音楽学部を特別奨学生として卒業。同時にヴィオラに転向。ロームミュージックファンデーション奨学生としてジュネーヴ音楽院に留学。11年マスターコンサート課程を首席で卒業、“Pierre Fernex”賞を受賞。13年同音楽院ソリスト課程を卒業の後、15年イギリス・王立ノーザン音楽大学にてマスター課程を修了。

 

02年第56回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門大阪大会高校の部第1位。日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。05年関西弦楽コンクールヴィオラ部門優秀賞・審査員賞受賞。12年第2回東京国際ヴィオラコンクール第3位受賞。12年京都青山音楽賞・新人賞受賞。

 

07年プロジェクトQ第4章にクァルテット澪標として参加。08年「牧野葵美 ヴァイオリン・ヴィオラリサイタル」を開催。明治安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学金を受ける。09年関西新人演奏会、読売新人演奏会に出演。NHK-FM「名曲リサイタル」「リサイタル・ノヴァ」に出演。13年兵庫県立芸術文化センターにてワンコインコンサートに出演、トッパンホールにてランチタイムコンサートに出演。いずみホールにてリサイタルを開催。15年紀尾井ホール”明日への扉”でのリサイタルが好評を博す。これまでに、日本センチュリー交響楽団、東京都交響楽団、マンチェスターベートーヴェンオーケストラ、相愛オーケストラ、桐朋学園オーケストラと協演。

 

11-12年ルツェルン音楽祭アカデミーに参加、首席奏者を務める。これまでにヴィオラスペース、ManiFest d'Ircam in Paris、ヴェルビエ音楽祭アカデミー、武生国際音楽祭、グローバ音楽祭、ムジェーヴ音楽祭に参加。

 

これまでにヴァイオリンを松本光世・岸邉百百雄・小栗まち絵の各氏に師事。ヴィオラを松実健太・山本由美子・Miguel Da Silva・Garth Knox・今井信子の各氏に師事。室内楽をGabor Takacs-Nagy氏に師事。

現在、イギリス・マンチェスター在住。

2017年3月よりBBCフィルハーモニック、副首席奏者。

Kimi Makino, 牧野葵美 Violist